知的に美しく生きる10箇条

知的に美しく生きる10箇条

脱毛サロンのデメリット

大抵、脱毛サロンを雑誌などで調べるとメリットばかり注目されると思う。ではデメリットはどんな物かを自分なりに書いてみようと思う。

 

まず、メリットについては当然自分で処理するとのでは比較にならないほどキレイになる・肌へのダメージが少ない

 

場合によっては時間の短縮になる・安全性が自分でやるより高いと言ったことである。

 

では反対にデメリットの方はと言うと、資金がかかる。これは当然脱毛サロンに行こうと思った人ならば気になることだろう。

 

1回だけ行くのであればおそらく何の問題もないであろう資金だと思うのだが、1回だけ行くのでは意味がない。最低でも数回行かなければならないので

 

値段を検討する場合は脱毛サロンに、行く回数×数回で計算したほうが良い。
次に、時間がかかる。これはメリットの方で少し書いたが人によってはデメリットにでもなるであろうことかと思う、自分の処理に掛ける時間と応相談で。
またサロンに通う時間も考慮に入れたい。
脱毛方法によっては、サロンに通う前よりも肌の状態が悪くなる可能性がある。例えばレーザー脱毛や光脱毛などは熱を使うので、やけどを負う可能性がある。やけどを負う可能性があるであろう肌は毛が薄い所がほとんどなので当然やけどをしてしまったらより目立ってしまうだろう。

 

簡単にメリット、デメリットを書き出したが上記に共通するであろう事は矛盾していることである。
人によっては時間がかかり、ある人によっては時間の短縮になると言った相反している事が多い。

 

もちろんデメリットが適用される人は少数だろうが、脱毛サロンに行く人は今よりひどくなる可能性もあると言った事も頭の片隅にでも入れておいたほうがいいかもしれない。

 

呼吸法を工夫してダイエット

 

 

身体を動かすのは辛い


ダイエットをするなら、やはり身体を動かすのが一番です。
エクササイズやヨガなどは、女性に根強い人気がある方法ですので、経験がある方も多いでしょう。
しかし、元々身体を動かすのが好きではなかったり、運動の習慣がない人にとっては、毎日のエクササイズは想像するよりずっと大変な作業です。
思うように動かない身体がもどかしく、いつも三日坊主で終わってしまうという話もよく聞きます。

運動しなくても、同等の効果を得られるダイエット法


毎日運動するのが難しいなら、無理に運動にこだわる必要はありません。
運動で得られるダイエット効果は、新陳代謝を活発にする、血行を良くする、筋力を鍛えるなどですが、これと同等の効果を得られる別の方法を行えばいいのです。
普段私たちが無意識に、しかし必ず行っていることを少し意識して行うだけで、スッキリボディを手に入れることも夢ではなくなります。

呼吸でダイエットできる


私たちが無意識に行っていること、それは呼吸です。
呼吸法をほんの少し工夫するだけで、血行を改善して代謝を上げ、筋力を鍛えて身体の中から痩せやすい体質にシフトできるようになります。
これなら、オフィスの椅子でも電車の中でも、気が付いた時にすぐ実行できますから、効果も上がりやすいのです。

そのやり方とは


ダイエットに適した呼吸の方法は、ゆっくりと吸い、ゆっくりと吐くことが基本になります。
まず、お腹の中の空気を全部吐き切るような気持ちで、7秒ほどかけてゆっくりと口から息を吐きます。
お腹と背骨がくっつくようなイメージで、ギリギリまでお腹を凹ますのがポイントです。
そして、そのまま5秒ほどキープして下さい。
この時、お腹に意識を集中させることが重要です。
5秒後、今度は鼻からゆっくりと空気を吸いましょう。
これを繰り返すだけです。
息を止める時間は、最初は5秒程度から始めて、最終的には30秒ほど止めていられることを目指します。
深くゆっくりと呼吸をすることで、血行が促進され、新陳代謝が活発になります。
お腹に意識を向けることで、インナーマッスルを鍛えて腹筋と同じような効果も得ることができるでしょう。
息を吐く時に、身体の中の毒素や老廃物を吐き出すような気持ちで行えば、ストレスの解消にも繋がります。

今、女性に大人気のデザートメニューが「アサイーボウル」です。
南米のアマゾンで”ミラクルフルーツ”と言われているアサイーは、栄養価が大変高く、その中でもポリフェノールの含有量は、それまで含有量が高いとされていた赤ワインやチョコレートを凌ぐ高さ。
このポリフェノールには、抗菌作用、抗酸化作用が含まれており、特にアンチエイジング志向の女性から絶大な支持を集めています。
そして、このアサイーを使った料理が、アサイーボウル。
冷やしたストロベリーやフレーク、ヨーグルトやバナナなどを器に盛り、その中にアサイーやフルッタフルッタを入れるデザート料理です。
アサイー自体甘味もあり、フルーツとの相性は抜群なのです。
近年アサイーボウルを提供するお店は都内を中心に増えてきているので、気になる方はチェックしてみましょう。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ